bar4

10-28a

過敏性腸症候群ガス型の症状


例えば次のような時に緊張すると無意識におならが溜まったり出てしまうことはありませんか?

・学校や電車、映画館など人の多いところにいるとおならが出そうになる
・おならの心配をするとかえって無意識に溜まるような感じがしてきてもよおしてしまう
・自分でわからないうちにおならが漏れていてまわりから「クサイ」と陰口を言われる
・おならが止まらない

あなたがこのような症状で困っているなら、もしかしたら過敏性腸症候群のガス型である可能性が高いです。

10-5-9

過敏性腸症候群ガス型ってなに

そもそも過敏性腸症候群というのはおこる原因はストレスや自律神経が関係しているのではないかと言われます。その主な症状には腹痛がしたり、お腹が張ってきておならがよく出たり、下痢や便利を繰り返すと言われます。

その中で特にお腹が張ったりお腹が鳴ったりおならがよく出る状態を「過敏性腸症候群ガス型」といいます。

「過敏性腸症候群ガス型」は放っておくとおならがでたりお腹が張ってきたり腹痛がひどくなることがあります。過敏性腸症候群ガス型を詳しく知って精神的なストレスや自律神経を改善するような体のケアをすることが大事です。

過敏性腸症候群ガス型の症状

過敏性腸症候群ガス型はとにかくおならが出て困るという方が多いようです。ニオイのあるおならをした場合もっと恥ずかしさが増してしまいます。

過敏性腸症候群ガス型の症状にはほかにもお腹が張ったり、腹部に違和感が出たり、お腹がゴロゴロ鳴ったり、排便後の残便感があったりするようです。人によっては腸の症状だけでなく胃のむかつきがあったり、ゲップや嘔吐、食欲がなくなったり、頭痛や異常な発汗、動悸やめまいなどの体に起こる自律神経失調症に悩まされる人も多いようです。

症状が気になりその状態が続くことで不安感が増し場合によっては抑うつ状態になる人もいます。ひどい時は不眠症に悩まされる方もいます。

過敏性腸症候群ガス型はどんな人がかかりやすいか

過敏性腸症候群ガス型になる方は特に性格的にまじめな方が掛かりやすいようです。

仕事や学校で精神的なストレスを溜めすぎて自律神経が乱れてきて腸の働きが乱れ、下痢や便秘を繰り返したりお腹が張ったりおならがよく出たりする状態になってしまいます。

またおならがよく出ることを心配しすぎて、どこでもおならが出てしまうかもしれないという不安が常につきまとうことで神経が繊細になりストレスが高くなることがあります。

過敏性腸症候群ガス型の方は大腸に住んでいる腸内細菌の悪玉菌が増えてきている場合があります。腸に悪玉菌が増える状態になると腸に不快感や腹痛が現れおならがよく出ることにつながります。ストレスや自律神経を改善するだけでなく腸内も改善することが大事のようです。

過敏性腸症候群ガス型の症状に当てはまると自覚したら医師に診断して早めに治したほうが良さそうです。