bar4

10-28a

おならの回数が多く臭いのは病気か?


食べ過ぎ?

それともなんか悪いものでも食べた?

あなたはおならの回数が多くなることってありませんか?

もしかしたら常におならの回数が多いかもしれませんね。

食べ物によってはおならが臭くなることもありますが、それはいったいなぜなのか?

それが病気なのかなんなのかを理解するには、おならの性質を知っておく必要があります。

10-5-6

腸内の善玉菌と悪玉菌の割合が臭いを左右する

まずおならには「良いおなら」と「悪いおなら」の2つがあります。

「おならに良いも悪いもあるものか!」と思われるかもしれませんが、
おならが発する臭いなどで健康状態が分かる場合もあるんです。

「良いおなら」というのは、食物繊維や炭水化物が「善玉菌」によって分解されて発生します。

腸内で善玉菌が働いていれば、臭いの無い無臭のおならが出るようになります。

これは発酵型のおならといい、発酵型タイプで
おならの量は多いかもしれないど臭いは少ないです。

それに対して「悪いおなら」というのは、
タンパク質や脂肪分が「悪玉菌」により分解されて発生します。

腸内で悪玉菌が働く悪い環境の場合、たんぱく質や脂質をエサに増える悪玉菌が
腸の中を腐敗させて臭いのきついおならが出るようになります。

こちらは有害物質やアンモニア、硫化水素などが生じる腐敗型タイプでクサくて強い臭いがします。

臭いおならの場合は悪玉菌が増えている証拠で、肉類を食べすぎると
臭いおならが出やすいというのは悪玉菌の好きなエサが増えるからです。

また便秘になると便の成分が腐敗して悪玉菌が増えます。

そのほかストレスで活性酸素が発生し消化吸収力が弱まると増加します。
善玉菌には悪玉菌の活動を抑える働きがありますが30代以降は減ってしまいます。

3.23-2

どちらも腸内で起こる現象ですが腸内にいる菌の状態や割合によって
臭いが 2種類に分けられることがわかっています。

極度の緊張で起こる ガスおなら恐怖症とは

「良いおなら」と「悪いおなら」のほかにおならを恐れて極度の
不安を抱えてしまう「ガスおなら恐怖症」というのがあります。

ストレスが多いとおならも増え、そしておならをガマンすることで
さらにストレスになるという悪循環におちいります。

これは対人恐怖症の1つで、初対面の人と会っていきなり話をしたり、
人前でスピーチをやらざるを得なくなったり、人を目の前にして
物事を勧めることでストレスを発生し強い恐怖感と不安の症状があらわれます。

便秘や下痢も対人恐怖症の症状の1つです。

3.18-1

おならが臭くなる原因は?

肉類を食べるとクサイおならが出やすいということはありませんか?
クサイおならが出る場合は悪玉菌が増殖していることが考えられます。

そのクサイ臭いは悪玉菌の好きなエサであるたんぱく質や脂質が増えて
腸の中を腐敗させることで有害物質やアンモニアなどの臭いガスを発生させるからです。

また、便秘になっても便の成分が腐敗するので悪玉菌が増えます。

そのほかにもストレスを生じると活性酸素が発生し消化吸収力が弱まると悪玉菌は増加します。

長時間座っていることで腸を圧迫しその働きを鈍らせてしまうことも
おならが臭くなる原因のようです。なので座っている時間を短くしたり、
しめつけるストッキングなどは極力履かないようにしたほうがよさそうです。

会社にいる時になかなかトイレに行けずに我慢していたり、外や会社でおならをするのが恥ずかしくて
我慢していると腸に負担がかかり、働きが悪くなることでガスが出にくくなることもおならが臭くなる原因です。

3.23-4

腹筋が弱い女性や年配の方で便やガスを排出する腸の動きである
ぜん動運動が弱くなりやすいこともおならが臭くなる原因です。

特に生理前になるとホルモンバランスが崩れぜん動運動が弱くなりやすいようです。

何かの理由で体にストレスがたまると自律神経副交感神経の働きが乱れ、
体に悪影響を与えると悪玉菌が増えやすい腸内環境になるので
腸の働きにも大きく影響します。腸内環境の乱れから便秘になることもあり、
そのことが原因で悪玉菌が増える悪循環が起きてしまいます。

おならの回数を少なくする方法

■食事で対策

・野菜を取り入れて肉食に偏らないようにしバランスのよい食事内容を心がけること。
・ヨーグルトやみそ、納豆などの発酵食品は、腸内の善玉菌を増やすので進んで摂ること。
・食べ物を食べる時は消化がよくなるようにゆっくりとよく噛んで食べること。
・オナラが出やすい食べ物を控える
・空気を飲み込まない

■ストレス解消対策

・疲れたときにはゆっくり休養する
・心身をリラックスさせストレスを溜めないようにする
・食事や生活、ストレスに気をつけて胃腸の機能の低下をさせない

■運動で対策

・運動不足はガスもたまりやすい。
・ウォーキングやストレッチ、ヨガなど腸の動きがよくなる運動をすること。
・駅ではエスカレータを使わず、階段を上り下りするだけでも腸へのよい刺激になる。

■我慢しない

・できるだけおならを我慢しない
・おならの臭いが臭くならないで出せる総合的な方法を取り入れる

おならの臭いを防ぐには?

悪玉菌を減らすことで臭いを抑えることができ、具体的には善玉菌の「乳酸菌」を増やすといいようです。
3.23-5

牛乳やヨーグルトなどの乳製品の他にキムチや浅漬などの漬物、味噌や醤油などの発酵食品に「乳酸菌」が多く含まれています。これらの食品や乳酸菌サプリなどをうまく摂取すると、悪玉菌を減らすことができます。

おならを減らすのも臭いを防ぐのも食事が関係しているのがわかると思います。食事を改善することでおならはある程度防げるのかもしれません。

まとめ

・ストレスを減らすような生活を作るように生活習慣の見直しをしたりストレスの解消を心がけることが大切です。

・善玉菌を増やす食事を取り入れておならを減らせるように、野菜、芋類、豆類、キノコ類、海藻類などの食物繊維が多く含まれる食品で料理したり、ヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品を摂ることが理想です。