bar4

10-28a

おならが止まらないのは病気か


修学旅行などに行っておならが突然出だして止まらなくて困った経験はありませんか?

楽しいはずの旅行がなぜか苦しむ羽目になるとは想像もつかないかもしれませんね。

3.24-1私も旅行となるとなぜか前の日から緊張して眠れなかったり、お腹のあたりに違和感を生じてしまいます。

これが何なのがわかりませんが、楽しいはずの旅行なのに期待感が高いのでしょうか、脳から指令が出ているかのようにお腹に緊張感が走ります。

前日や当日に肉類をたらふく食べたりするとその効果はてきめんです。やばいと思った時には、お腹が「ポコッ!」っと鳴り始めどんどんおならが生成し始めるんです。そのあとはお腹に聞きながらだましだましおならと格闘しながら旅行を続けるしかないんです。

あなたも今までこんな経験ははありませんでしたか?

おならが止まらないのは食べ過ぎでは?

おならが止まらないのは食後に多い方は食べ過ぎが原因で、食べた分だけ上から押されて便が出るような気がしませんか?

3.24-2おそらくそれは日常的に食べている量が多いので、習慣化されている食事量を減らすことは難しくなっているために食後におならが出ることが習慣化されているんです。

おならが止まらないからといって食物繊維をとりすぎても悪玉菌の作用でおならが生成することになるようです。

食後におならが止まらない場合は、難しいかもしれませんが一度食事量を減らして様子を見てみることをおすすめします。

おならが止まらないし臭い

3.24-3おならが止まらない!それに臭い!という症状は、完全に腸が悪玉菌に犯されている状態です。肉類中心の食事をおくっている方に多い症状です。
その臭いは腸の中で悪玉菌によって腐敗されたものがガスとなって発生するために起こります。肉類中心の食生活を変えない限りその症状はいつまでも続きます。

高校生だった頃の私がまさにその状態だったのでよくわかります。

もしも肉類をやめることができないのであれば量を半分にして魚に変えるとか、野菜をもっと増やすとかしていかないとおならはいつまでもで続けることになりますよ。

おならは止まらないけど臭くはない

おならは止まらないけど臭くない場合は、善玉菌がうまく活動できているので腸の具合が良好なので臭いがないんです。しかし臭いはしないけどおならが止まらないのは、そのほかの原因でおこっている可能性が高いので原因を追求する必要がありそうです。

もしかしたら腸が原因ではなくほかの消化器や脳である可能性もありますので、お腹の様子を見ながら病院で診察してもらうと良いです。

おならが止まらない原因と対処法

ではおならが止まらない原因にはどんなものがあるのでしょう?

おならが止まらない原因としてストレスが関係している場合があります。

職場や地域活動、人間関係などによって緊張することでストレスがたまりおならを発生させることになります。この場合高い確率で過敏性腸症候群ガス型である可能性が高いです。

>>過敏性腸症候群ガス型についてはこちらでわかります

例えば大勢の前でひとりで話をしなければならない時などが良い例で、始まる寸前までものすごく緊張し胃腸に負担がかかっているのがわかるくらいです。最高潮に緊張した時に頭の中が真っ白になってしまったなんてことはありませんか。

その緊張からのストレスが脳を刺激し腸に伝達されておならを発生する原因になっています。

おならが止まらない便秘の対処法

おならが止まらない原因として便秘の症状があります。

便秘により腐敗された便が腸に留まってしまうとどんどんガスが発生します。大腸に硬い便がギュウギュウに詰め込まれているので、ガスがどんどん生成されますが肛門からガスが出る余地がないのです。するとガスは腸の中に逆戻りしていきさらに腸の中にガスが溜まっていきます。

この状況が続くとお腹が張って痛くなったりします。どうにかしていったん便を出してしまわない限り悪循環は改善されません。

3.24-4私が高校生の時に自己流で考えたのは、学校が次の日休みだという時に便秘薬(ピンクの小粒コーラック)を飲みました。
すると次の日は若干柔らかめの便が出てすっきりした感じになります。便が柔らかいのでもう数回出る場合もありますがどんどん出したほうが良いです。ただし便を出すのに時間をかけすぎると次の日の朝に出るはずの便が出なくなり、また便秘になる可能性はあります。

本当は自然に便を出せれば良いのでしょうが、少し難しいですが、お腹が張ってしょうがなくて一旦便をだすのには良い方法です。

おならが止まらない下痢の対処法

おならが止まらない原因として下痢の症状があります。これは食事によって下痢をする場合と緊張によるストレスで下痢になる場合があります。食事が原因の場合は食事を改善すれば治るでしょうが、問題はストレスです。

ストレスが原因で起こる下痢は精神的なものなので長引く可能性は高いです。ストレスの原因を取り除けば改善は早いでしょうが、その状況によって月単位で改善に向かう場合もあるし、年単位で改善に向かう場合もあるということです。

3.24-6a仕事が原因の場合は下痢症状が長引くか、もしくは自分から断ち切る(退職)という決断に至るかもしれません。

また私の場合の例で恐縮ですが、仕事上の人間関係で過去に軽度のうつになりそのうち胃腸がおかしくなり頭痛と下痢症状が悪化してきました。

3件の精神科に診察に行き、最後の病院で言われたのは「会社を辞めることでうつを治すことはできるよ!」と言われました。私の頭の中はすぐに退職の方向に向かい1週間後にはやめていました。

その後うつも下痢も頭痛もすっかり良くなりました。あのまま仕事を続けていたら今の自分はないかもしれないくらい大きな決断でした。

おならが止まらない時は恥ずかしがらずに病気にいくこと

おならが止まらないのはどこかが調子が悪いためにおこっている病気なので、自分でどこがおかしくておならが出るのかわからない時はお腹の様子を見ながら病院で診察してもらうと良いです。

もちろん恥ずかしくて病院になんか行けないという人もいると思います。高校時代の私のようにいきなり若い看護師さんに浣腸されたりする可能性もありますしね。でも最終的には病院に行って見てもらうのが良いかもしれません。

病院は恥ずかしくて行きたくないという方には、おならの臭いニオイでも消すパンツというのがありますので おならが出そうになったら この特別なパンツ を履いてすっきり出しちゃったほうが良いです。