bar4

10-28a

過敏性大腸炎の症状で授業中におならが止まらない


授業中に発生するおならほどつらくて苦しいものはないですよね。

音も臭いも出してはいけないと思うと神経がお腹に集中して
ストレスとなり余計におならが出そうになります。

もう最悪で、その時間はどうしようもなく嫌になることでしょう。

おならが発生した時は意識がおなかに向いているので授業どころではなくなり、
とりあえず早くこの時間が終わらないかとそわそわしてしまうはずです。

それが毎時間、毎日と続くと学校に行くことすら嫌になてしまう恐れもあります。

過敏性大腸炎はもしかしたら一時の病気になるかもしれませんが、
人生を変えるかもしれないほど恐ろしい病気なのです。

10-5-5

過敏性大腸炎と過敏性腸症候群の違い

ところで「過敏性大腸炎」と病院で診断された人がいると聞きますが、
その病名は「過敏性腸症候群」と似ているけど、一体何が違うのだろうって思いませんか?

「過敏性大腸炎」と「過敏性腸症候群」の違いについてですが、
呼び名は違いますがほぼ同じものではないかと言われます。

病院での診断で「過敏性大腸炎」と診断された場合にちょっと気にしたほうがよいことは、診断を下したそのお医者さんは「過敏性腸症候群」のことを知っているのかどうかということです。

もしも知らないのであればその病院は今後考えたほうが良いかもしれません。

こんなに「過敏性腸症候群」が流行りだしているのに知らないとなると、その先生は成長していないことになるし、当然適切な診断はくだされず、私の過去のように浣腸されて終りとなる可能性だってありますからね。

過敏性腸症候群ガス型で病院に行くのは恥ずかしい

おならが出る場合「過敏性腸症候群ガス型」である可能性が高いのですが、
その症状であればストレスが原因なのでそちらの治療が主になるはずです。

もちろん便秘や下痢をしていたりすればそちらの治療もしなければならないかもしれませんが、もしも便秘や下痢の症状がない場合でおならが出て困るといった場合はその病気に適した処置をしてもらわないといけないはずです。

過敏性腸症候群の治療については病院では症状を緩和させるためにお薬をもらうことが多くなると思いますが、原因にストレスが大きく関わっていることから、消化管運動を調節する薬や乳酸菌製剤以外に、抗不安薬なども処方される可能性があります。

この「過敏性腸症候群」を知っているか知らないかの病院の見極めも重要になってくるのですが、本当は「過敏性腸症候群ガス型」かもしれないのに看護師さんにお尻を出されて恥ずかしい思いをしながら浣腸されるのは余計にストレスを受けることになったら嫌ではないですか?

それ以前に、おならが止まらないことで病院に行くことって抵抗はありませんか?

おそらく病院の先生とはこんなやりとりになると思います。

先生:「どうされましたか?」
患者:「おならが止まらないんです」
・・・・・

3-4b

「おなら」という言葉を発すること自体ちょっと恥ずかしいですよね。

先生の前で言うのはまだ良い方で、たまに受付をする時に、周りに患者さんが大勢いるのにも関わらず「今日はどうされましたか?」と聞かれることがあります。
この時ほど「おならが止まらない・・・」などと口にするくらい恥ずかしい思いはないですよね。

こんな恥ずかしめを受ける場合もあるので病院選びは慎重にやらないといけません。