bar4

10-28a

おならが臭い原因は便秘だけではなかった!


おならが臭いと考えられる原因には次のようなことがあります。

 便がたまっている
 便秘
 慢性的な便秘体質
 食べ過ぎ
 宿便
 腸内がうまく働いていない
 運動不足
 ストレス
 タンパク質の摂りすぎ
 おそらくまだまだあります・・・

便秘が多くのケースで関係してくるようですが、おならが臭くなる原因はそれだけではないようです。

10-10-1

おならが発生する原因

そもそもおならの主成分は何なのかというと、腸内細菌から生まれる硫化水素といったイオウ系のガスが主成分です。おならが臭うのは悪玉菌が作り出すこのイオウ系の物質が大きな原因で、腸内環境が乱れている可能性があります。

よく食物繊維をたくさん摂ればよいと言われますが、摂りすぎていても腸内で消化されずに残りそれが発行して臭いニオイを発生します。

そのせいでか腸内に悪玉菌が多く発生し便と長時間一緒にいた空気が臭くなりおなら化するようです。

ストレスが多いとおならが出る

近年はストレスが多い社会となりましたが、ストレスが多いと胃腸の働きが悪くなり、おならが出やすくなります。

もしもその時に腸内が悪いと臭いおならが出て嫌な思いをします。

ストレス時には、意外と意識されていないと思いますがよく噛まずに早食いすることが多いです。よく噛まずに食べた物が胃に送られてしまうと胃腸の負担が増し、どんどん腸内環境が悪くなっておならがたまりやすくなります。

気にならない程度の小さなストレスであっても、長びくと過敏性腸症候群という精神的な病に侵さるようになり、おならが出やすい状態になります。

臭いおならは便秘により発生する

便が出ないとおなかの中に溜まり、さらに便が発酵することで悪いガスが発生しもっとお腹が張る状態になります。腸の中に便がたまっている時の腸内のガスはとても臭く、おならとして出るときはいっそう臭くなります。
10-10-3

便が毎日出なくて悩んでいる人もいますが、便が毎日でないことが普通だと思っている人もいるようですが、便は食べたもののカス、不要になったゴミなので、毎日外に出すことが必要です。

これを体内に長時間放っておくと生命の危機にさらされることもありますので、便秘にならないように食生活を含め普段の生活を気にすることです。

また腸内に留まっているガスは、血管や肺を通じて口臭の原因となることもあります。

腸内環境が悪いとおならが発生する

おならが臭うのは腸内の環境バランスの問題があります。

これは便秘と関連することですが、腸内では善玉菌と悪玉菌が共存しており、どちらかが多くてもどちらかが少なくても良くないようです。

おならが臭い時には何かの原因で悪玉菌が増殖している可能性があり、便秘になったりしておならが臭くなります。

この臭いの原因は悪玉菌が作り出すインドールやスカトールといった物質により臭くなります。

悪玉菌が多い原因のひとつには、肉を食べ過ぎたり、脂肪の摂り過ぎがあります。

タンパク質が分解される時に臭いの元であるアンモニアが多く生成されますが、腸内の悪玉菌が増えることにより臭いニオイが発生します。

食生活が乱れると腸内細菌のバランスが崩れて、善玉菌が減って悪玉菌が増える傾向にあります。

それだけでなく運動不足や睡眠不足、ストレスなどでも腸内細菌のバランスが崩れたりして、善玉菌が減り悪玉菌が増えることもあるようです

その他のおならが臭い原因

おならの90%は口から呑み込んだ空気と言われていことを知っていましたか?
10-10-2
食事や飲水時には自然と空気を呑み込みます。

これがストレス時には無意識に空気をたくさん呑み込むようになってしまう事がありこれを呑気症といいますが、呑気症になった時に、腸内環境が悪ければ臭いおならが出ることになります。

腸は第二の脳と言われるようにストレスによって腸は悪い方向に反応します。

神経質でストレスを溜めやすい性格の人は過敏性腸症候群のガス型になりやすい傾向があり、おならが発生しやすくなりますが、この傾向が強い人は常に腸内環境のことを気にして生活しなくてはならなくなります。

このことがかえって精神的なストレスを産む可能性もあり、二重のストレスでもっと臭いおならが悪化する可能性もあるので気をつけなくてはいけません。

大腸じゃなくて胃の可能性もあると言われていますし、大腸がんの前触れもあるので、気になる人は一度大腸検査や胃の検査などを受けた方がよいかもしれません。