bar4

10-28a

便秘に良いオリゴ糖はおならには効くのか


オリゴ糖は便秘に効果を発揮するとよく聞きます。

オリゴ糖は腸内細菌のエサなので、それによって善玉菌を増やし腸の動きを良くし便通を整えてくれますので、一般的に便秘症の人は排便が正常になり、その他の人はやや軟便になる傾向があります。

10-14-1

オリゴ糖がおならに悪い理由

オリゴ糖を摂るとガスが出やすくなるという方は意外と多いようです。

オリゴ糖を摂り始めて、おならの量が増えたり、ガスが溜まってお腹が張るという人は、元々腸内の善玉菌の量が少ない人に多い傾向があるようです。

オリゴ糖は腸内にいるビフィズス菌や乳酸菌など、善玉菌の餌になって増やし、腸内環境を良くする働きがあります。しかし善玉菌の量が少ないとオリゴ糖は悪玉菌の餌になり、悪玉菌が増えたことでおならが発生します。

オリゴ糖は人間には消化できませんのであまり多量に摂取すると腸内の異常発酵を起こすことがあります。体に良いという思い込みで、たくさん摂ってしまうと逆効果になります。

腸内環境が良い状態ではなく善玉菌の量が少ないようなら、始めのうちはオリゴ糖を摂る量を少なめにしたほうがよいです。

しだいに量を増やしていくことで、お腹の張りやおならの発生が少なくなると思います。

どんな人がオリゴ糖を摂るとおならが出やすいか?

オリゴ糖を飲まないと便秘が治らないからオリゴ糖をやめるわけにはいかない人も多いと思いますが、では、オリゴ糖の飲みすぎでおならが止まらない時はどうすればよでしょう?

そもそもおならが出る原因、特に食べ物によりおならがでる原因で多いのは、肉類の食べ過ぎや脂肪の摂り過ぎです。

タンパク質が分解される際に臭いの元であるアンモニアが多く生成されることで、腸内の悪玉菌を増やし臭いニオイが発生されます。

肉類の食べ過ぎや脂肪の摂り過ぎだけでなく食生活の乱れでもおならは発生します。そのほかにも睡眠不足やストレスなどの原因により腸内細菌のバランスが崩れることで善玉菌が減り、そして悪玉菌が増えます。

善玉菌を増やすためには、脂肪の少ない鶏肉のささみや魚主体の食事にしてみると良いようで、その他にも野菜や食物繊維を適度に摂り、ヨーグルトや乳酸菌を摂ると同時にエサとなるオリゴ糖を多く摂取する食生活に変えると効果的です。

10-14-2

基本的におならが発生する原因となる食べ物は、糖質の多い食べ物や繊維質の多い食べ物はおならが発生しやすいです。

繊維質の多い食べ物は消化されにくいので腸の中に残りやすく、腸の中に滞在している時間が長いほど発酵する時間が長くなり、おならが臭くなるという理由があります。

さつまいもやごぼう等の食物繊維の多い食べ物を食べると、おならがたまりやすい人が多いのもこのような理由があるからです。

おならが出にくい食べ物には、魚、貝、鶏肉、鶏卵等がありますが、糖質、繊維質、炭水化物の摂取を減らせば、おならは治まる傾向にあります。

便秘の改善でおならが出る人はオリゴ糖は飲まない方がよいのか?

臭いおならが便秘によるもので、それを改善するために腸内環境を良くしようとしてオリゴ糖を摂る人もいますが、その時におならが溜まってしまう人も少なくありません。

オリゴ糖の摂取しはじめた途端におならが出始めてしまい、オリゴ糖を断念した人も少なくないようです。

しかしオリゴ糖の摂取はまだやめないほうがよいかもしれませんよ!

なぜなら、オリゴ糖を飲んだ時のおならは、ずっと続くわけではないからです。

10-14-3

オリゴ糖を摂取しても、すべての人がおならがでて困るわけではなく、オリゴ糖の摂取を始めたとたんに、おならが出る人とおならが出ない人がいます。

その差はオリゴ糖摂取を始めた時の、腸内環境の差によるものが多きいです。

オリゴ糖の摂取をしておならが出る症状でおならが出る原因ですが、実は腸内環境が悪い時にオリゴ糖を食べた悪玉菌にあるようです。

悪玉菌の中にはオリゴ糖が好物ではないいけれどもビフィズス菌が少ないために、しょうがなくオリゴ糖を食べるものがあり、そのオリゴ糖を食べた悪玉菌がガスを放出しておならがたまると言われています。

「ビフィズス菌が少なく」「悪玉菌が多い」ほど、オリゴ糖によるおならが発生しやすくなるおなかが張りやすくなるということです。

オリゴ糖を摂取した時におならが出始めてやめるのは、悪玉菌優勢になり状況がもっと悪化することになります。

ビフィズス菌とオリゴ糖を適切に補給し腸内にビフィズス菌を増やすことで腸内環境が良くなれば、ガスが出にくくなり悪玉菌はどんどん減っていきますので、オリゴ糖の摂取はもう少し続けて様子を見た方がよさそうです。