bar4

10-28a

小腸と大腸ではどちらを改善すればおならは出なくなるか


便が大腸内に滞ることで臭いおならが出やすくなることから、大腸の環境を整えればおならは出なくなりそうです。

逆に、小腸内で食べたものがうまく消化されれば大腸では便が滞ったりしないはずです。

大腸と小腸ではどちらの腸内環境を整えればおならは出にくくなると思いますか?

その答えは、

ハイ、どうせならどちらもしましょう。

整腸剤は小腸までしか届かない

今話題の「乳酸菌」と「ビフィズス菌」
10-19-1

どちらも健康にいいことはわかると思いますが、そもそも違いがはっきりわかる人はどのくらいいるのでしょう。

「ビフィズス菌」も「乳酸菌」も腸で活動する善玉菌ではあるのですが、「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の大きな違いは体の中で生きている場所にあるようです。

「乳酸菌」小腸 に生息し、糖を分解して「乳酸」を作り出すことで健康をサポートします。

「ビフィズス菌」が生息するのは 大腸 で、「乳酸菌」と同じように乳酸を作りますが、それ以外にもたくさん作り出される「酢酸」は大腸の環境を大きく左右するほど重要な役割も持っています。

大腸は不要になった老廃物を貯めておいたり排出したりする重要な場所ですが、何かの原因で動きが乱れることがあり、その結果健康が損なわれたり、健康そのものに悪影響を与えることになりかねません。

大腸内で活動する善玉菌の99.9%は「ビフィズス菌」であると言われ、「ビフィズス菌」を大腸の中に適度に補給することで毎日の健康につながることになります。

しかしこの「ビフィズス菌」は加齢とともに減少していき、乳幼児期に95%だったものが、高齢者ではわずか1%未満しかいない人もいるようで、大腸ではほとんど生息しないという事実があります。

「ビフィズス菌」が減るということは善玉菌の数が少なくなるということなので、すなわち、おならを改善するためには「ビフィズス菌」を摂りこまないといけないことになります。

しかし問題は、「ビフィズス菌」をたくさん摂ったとしても酸やアルカリに弱いために、胃酸や小腸の胆汁などに侵されてしまします。

このようなことから、ほとんどが小腸で死滅するデリケートな性質上「ビフィズス菌」はなかなか大腸まで到達することが難しいようです。

腸にまで届くヨーグルトなどが販売されていますが、本当にどこまで届いているのかは定かではありません。

大腸にまで「ビフィズス菌」を摂りこむことができれば、おならが改善される可能性は高くなるのですが、ではどうしたら効率よく「ビフィズス菌」を大腸に摂りこむことができるのか?

それを解消してくれる可能性が高いのが、ある新聞で取り上げられていた「ビフィコロン」という整腸剤です。

これは2重カプセルになっているので、ビフィズス菌が小腸で全て溶けてしまい死滅してしまうことがなく、しっかりと大腸まで届くようです。

特許を取得している整腸剤なので製品には自信があるようです。

楽天とアマゾンで売っているようですが、アマゾンが安いです。

>>アマゾンの ビフィコロン

>>楽天の ビフィコロン